珈琲タイム

珈琲タイムに書いています。

勤勉

 

 

f:id:haiblog:20180613232847j:plain

 

昨日、寝る前に懐かしい方から電話があった。

若くないと、脳が話の続きのような雑多な情報をプラスして、夢を見させる。

 

地方の言葉、漢字についての質問に応え書いてみます。

勤勉、真面目、誠実はすばらしいことだと思います。

 

「様」

という漢字があります。

 

十字架の漢破法でいきます。

木 羊 水

 

聖書の達人の方なら、すぐにおわかりになると思います。

木に架かった傷のない贖いの子羊、

 

この方の名に在って水の洗いを受ける、洗礼。

あなた様。

 

木 羊 次

贖いの子羊の次くらい尊敬している、上司や先輩へ使います。

 

最上のさまは、

「樣」

 

木 羊 永

永遠の永が入ります。

 

神のご命令は、人が永遠の命に至ること。

神は光ですから、闇は光が近づくと消えます。

 

助けたいのに触れると消えるのです。

 

永遠の命に移してあげたく、

かわいい子らをそっと移す神の業のプロセス。

 

 

応援クリックお願いします。

にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へ